2019年12月20日金曜日

2019/12/2-3「緑農住まちづくり国際ワークショップ」東京で開催

 世界各国の緑農住まちづくりに関わる研究者、自治体職員、農家、住民等が一堂に会し、都市における農にかかわる諸活動や、農地によって形成されるボーダーレスな農住混在ランドスケープの可能性を議論し、持続可能な緑農住まちづくりの在り方を構想する国際ワークショップが、東京の京橋、国分寺等を会場に2日間に渉って行われました。
(12月2日~12月3日。主催:東京大学緑農住プロジェクト研究チーム、NPO法人Green Connection TOKYO)

 都市農地活用支援センターからも、防災機能としての都市農地の活用〜防災協力農地の現状と事例について紹介し、ディスカッションのテーマの一つともなりました。

 12/2は、京橋のシティラボ東京で、100名を超える参加者により、「食-Food」、「ライフスタイル-Lifestyle」、「空間デザイン-Spatial Design」-をテーマに、各テーマごとにポスターセッション→トークセッションの流れで参加したみなさんが質疑や意見交換を図っていました。

 12/3は、国分寺市にて、約60名の参加者により、午前中は市民農園や農家を訪ねるエクスカーション、午後は、市内で日立中央研究所“協創の森”にて、地元の農家と飲食店をつなぐ取組「こくベジ」の紹介のあと、参加者全員がディスカッションに加わるワールドカフェ形式のワークショップが開催されました(テーマは「レジリエンス」「ウェルネス」「コミュニティ」「半農半X」「都市デザイン・土地利用」)。それぞれのテーブルには各国からのメンバー加わり、新たな切り口での議論も展開されました。

 



2019/11/29-12/1 「世界都市農業サミット」練馬区が開催

 2019年11月29日より12月1日まで、 都市農業の魅力と可能性を世界に発信するため、東京都練馬区主催で都市農業について積極的な取組を行っている海外5都市(ニューヨーク、ロンドン、ジャカルタ、ソウル、トロント)から農業者や研究者、行政担当者を招いて、分科会・シンポジウム、関連イベントにより、都市農業の魅力と可能性を共有して相互に学び、更なる都市農業の発展を目指す「世界都市農業サミット」が開催されました。
 分科会は、「生産・流通・消費」「コミュニティ」「まちづくり」をテーマに3分科会同時開催。「まちづくり分科会」では前半に練馬および各都市参加者から個々の取組について情報提供、後半は世界各都市で異なる制度や体制、地域性を背景に掘り下げていくトークセッションが行われました。
 シンポジウムでも、各都市の都市農業に関する取組紹介がなされるとともに、「農のある都市」「都市農業の生産機能」「都市農業における都市住民・消費者の役割」「都市農業で暮らしと社会を豊かにする」等をテーマにディスカッションが行われ、  最後に「世界都市農業サミット宣言」が発表されました。
 また、関連して 農業体験農園で防災協力農地としての炊き出し訓練や農の風景育成地区における農のマルシェ等のイベント、公募により「都市での暮らしをさらに魅力あるものにするための、まちのなかの農に関する企画」についての取組を一年間区内で農に関する活動を行ってきた地域密着型のみどり環境のNPOや地元中学生グループが、成果発表を行うコンテストをはじめ、まちなかにある「農」を体験するプログラムも数多く行われました。
 こうした取り組みは練馬の各地で日常的にも見られる光景ですが、世界との比較を通じて日本の都市農業や農のある暮らしづくりの意義等について、俯瞰して捉えることができる機会ともなりました。

 練馬区役所紹介ページ
 https://www.city.nerima.tokyo.jp/kankomoyoshi/nogyo/summit.html










 

2018年9月13日木曜日

2018/10/3(水) 東京経済大学 研究会「 多摩地域の都市農業~『強い農業』の可能性」

2018/10/3(水) 東京経済大学 研究会 創立120周年記念事業 「21世紀の多摩学」
第3回研究会「 多摩地域の都市農業~『強い農業』の可能性

東京経済大学では創立120周年を迎え、記念事業の一環として、 地域連携センター主催の 「21世紀の多摩学」と題し、連続研究会を開催しています。

第3回研究会では「 多摩地域の都市農業~『強い農業』の可能性」と題し、都市農地をとりあげます。

都市化圧力との共存を強いられてきた都市農業。その魅力と可能性を 最大限に引き出すあらたな生産と流通のしくみを考えます。

講師に当センター研究員が講師として登壇します。

■ 日時: 2018年 10月3日 ㈬ 18:00~20:00
■ 場所: 国分寺市立cocobunjiプラザ セミナールーム   (国分寺駅北口 cocobunji WEST 5階)
■ 講師:
 小谷 俊哉 氏   [一般財団法人 都市農地活用支援センター 主任研究員 ]  
 磯沼 正徳 氏   [磯沼ミルクファーム代表]
 菱沼 勇介 氏   [株式会社エマリコくにたち代表取締役]
■参加・申込方法:参加無料、定員30人 (申込不要、当日先着)
■主催・連絡先
東京経済大学  地域連携センター  東京都国分寺市南町1-7-34東京経済大学  tel.042-328-7950 Email/crc@s.tku.ac.jp

2018/9/8-9 「全国まちづくり会議 in 福岡」で都市農地の多様な機能をPR


2018/9/8-9 「全国まちづくり会議2018 in 福岡」で都市農地の多様な機能をPR

九州大学箱崎キャンパスで行われた、
認定特定非営利活動法人日本都市計画家協会主催「全国まちづくり会議2018 in 福岡
 において、都市農業・農地が有する多様な機能発揮についてPRを行いました(参加者延500名)。

9月8日(土)のパネル展示のプレゼンセッションでは、
都市農地の多様な機能の有用性についての説明のほか、当センターの農のアドバイザー派遣事業、事例紹介、講演会、自治体政策支援室、情報誌・刊行物等の紹介


 
9月9日(日)の生産緑地研究会のセッションでは、
都市農地センターの事業紹介のほか、
新しい都市農地制度とその活用法、展望等について、当センター水口俊典(研究顧問)、佐藤啓二(統括研究員)、小谷俊哉(主任研究員)より紹介。また、地方都市における都市農地の状況や新制度の活用可能性等について熊本県立大学柴田祐教授より紹介いただきました。

(左から佐藤、柴田、水口)

協会facebookの当日の様子はコチラ

2018年9月8日土曜日

2018/11/20(火)大阪府立大学 植物工場研究センター 人材育成セミナーで都市農地制度解説

2018/11/20(火)大阪府立大学 植物工場研究センター 人材育成セミナーで都市農地制度解説


大阪府立大学 植物工場研究センター 人材育成セミナーにおいて、小型の人工光型植物工場を模した装置を利用して、レタスの 播種から収穫まで一連の作業を体験できる研修を実施されます。

11月20日には、都市農地活用支援センターのアドバイザー派遣事業による(講義)都市農地の新たな制度解説 ((財)都市農地活用支援センター)を行うこととなりました。

お問い合わせ先
大阪府立大学 植物工場研究センター事務局 www.plant-factory.osakafu-u.ac.jp E-mail : plant@21c.osakafu-u.ac.jp TEL:(072)254-9409  FAX:(072)254-7692




2018/8/21「農地を活かした防災~防災協力農地の取組から学ぶ~」講演会


2018/8/21「農地を活かした防災~防災協力農地の取組から学ぶ~」講演会(千葉県)

  農業者が所有する農地について、農業者と農業協同組合等が自治体と災害発生時の避難空間、仮設住宅建設用地等として利用する内容の協定を自主的に締結する制度である「防災協力農地」の取組が全国で行われています。



そこで千葉県では、8月21日(火)千葉市文化センター会議室にて、農地を活かした防災の取組を地域で考えるきっかけとするため、防災協力農地の優良事例を紹介する講演会を開催しました。





最初に、県職員より、情報提供「都市農地をめぐる最近の状況について」の説明、

続いて講演会では、都市農地センター研究員小谷と体験農園で自治会長として農地を活かした防災活動も行っている加藤義松氏(http://www.tosinouti.or.jp/living/case15.html
が講師を務めました。
 
・講演1「防災協力農地の現状 ~防災協力農地制度と被災地で果たした役割~」
   講師:(一財)都市農地活用支援センター 
計画部長 主任研究員 小谷 俊哉 氏
・講演2「体験農園からの取組 ~地域コミュニティにおける防災協力農地~」
   講師:NPO法人全国農業体験農園協会 理事長 加藤 義松 氏




 当日は県内の農政、都市計画、防災関係職員、農業関係者、市民等、約50名が参加し、熱心に質疑も交わされました。
 

(加藤義松氏)

都市農地活用支援センターでは、「自治体政策支援室」にて、防災協力農地の取組等、相談対応を行っています。
 
 
 
 
 

2018年8月17日金曜日

2018/9/25(火) セミナー 明日の都市農地を考える ~民間事業者は新しい生産緑地制度をどのように活用できるか~

2018/9/25(火) 

セミナー 「明日の都市農地を考える」

~民間事業者は新しい生産緑地制度をどのように活用できるか~

■日 時:2018年30年9月25日(火)13:00~17:00
■場 所:損保会館 大会議室(東京都千代田区神田淡路町2-9)
 
■プログラム
1.都市農地関連法について
 (一般財団法人  都市農地活用支援センター 常務理事 佐藤啓二)

2.都市農地関係税制について
 (税理士法人  トータルマネジメントブレーン 代表社員 税理士 坪多晶子)

3.清瀬市における生産緑地の現状と課題
 (清瀬市都市整備部まちづくり課まちづくり係 主任  岡里 由 主任  野村忠臣)

4.民間企業における都市農地の活用事例と提案

①民間企業による農地活用への取組
 (株式会社アグリメディア  岡田英昭)

②都市部における里山保育の実例 
 (社会福祉法人 どろんこ会  理事長  安永愛香)

③農業への取組 
 (イオンアグリ創造株式会社  代表取締役社長  福永庸明)

④明日の都市農地を考える 
 (多世代交流型拠点整備を考える会事務局 株式会社オリエンタルコンサルタンツ 浅野 清)

■主 催:多世代交流型拠点整備を考える会
■協 力:清瀬市
■協 賛:(株)オリエンタルコンサルタンツ
■後 援:(一財)都市農地活用支援センター
■参加費:無料 
■募  集:150名
■お申し込み先
下記の入力フォームまたはFAXよりお申し込みください。
  入力フォーム
 FAX 03-6311-8155
  ※申込み期限:平成30年9月20日(木)
   お申込み多数の場合、参加できないことがあります。予めご承知おきください。

■お問い合わせ先
 多世代交流型拠点整備を考える会事務局 ((株)オリエンタルコンサルタンツ内)  
 E-mail  asunouchi@oriconsul.com